ページ内検索
Google AdSense


NINJA AdMax

111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

序章ではなく終章であったなら

ブログランキング・にほんブログ村へ


もし良性だったら、備忘録感覚でこのブログとともに歩んでいこうと思う。
もし悪性だったら、別の場所で遺書代わりに闘病記を綴っていこうと思う。
わかるまでの間はここで記録したい。


2013年8月12日15時、閑散とした産婦人科の受付で初診であることを伝える。
問診表を書く前に尿検査を要求された。出向く前に病院のすぐ近くのコンビニで用を足した後だった。
「あまり出ないかもしれません」と伝えると「少量で良いですよ」とにっこり笑顔の事務員さん。

病院内は昭和の匂いが残る雰囲気。
尿検査を終えた後、待合室の椅子に座って問診表を記入する。
ここは産婦人科。病院の奥の方から生まれて間もない様子の赤ん坊の泣き声が聞こえた。
気付いたら小さな子連れのお母さんたちが増えてきた。
待合室にもマタニティ雑誌やぬいぐるみなんかがメインで置かれている。
でも一応不妊症も取り扱っている病院。この場は双方相反する者同士複雑だろうなと頭に浮かんだ。

自分にとって無関係なことを考えながら記入する。
いつも初診で他科の病院にかかるときに困るのが既往歴である。
神経内科はあれど精神科は項目にはない。「その他」に記入するかしまいか迷う。
結局は診察で口頭で伝える羽目にはなるのだが、大体どんな医師もあっさりした対応だ。
だったら迷わず最初から記入しておけば良いのにね。


問診表を書き終えたら比較的早くに診察室に呼ばれた。
この日から主治医となる医師はそこそこ高齢で穏やかな感じな人だったが一つ問題があった。
診察のテンポが噛み合わない。初診の病院ではいつもつまづく点である。
自分が喋ることと医師の必要としている情報が合致していないので結果二度手間になることが多い。

6月から不正出血があるということ、それが比較的長く続くということ、
おさまったと思えばまた復活し来院した。それがきっかけだった。
生理周期や不正出血のあった期間など事細かく質問を受ける。
結局は検査しなければ何も始まらないので内診台に乗る。

いろいろ手荒に扱われ、思わず「痛い」と声に出してしまうほどだった。
口で深呼吸して我慢しろと言われたが、それに反して歯を食いしばりながら耐えた。
内診では当日出血がなかったため不正出血の原因はわからないときっぱり言われてしまう。
内診だけで終わるかなと思いきや、思い出したように経膣超音波検査を受けることになった。
これがまさか大きく左右するとはあまり思ってはいなかった。


「これはまずいかもしれない」

え?何が?と医師に聞いた。卵巣が腫れているらしい。
この時点で嫌な予感はしていたが何の躊躇もなく「卵巣腫瘍です」と言われてしまった。
右側が7cm腫れているらしい。通常は親指の先くらいの大きさの卵巣の数倍だ。
もちろん良性か悪性かは細かな検査を通さなければ不明。
後の血液検査では試験管三本分の血液を抜かれた。うち一本は腫瘍マーカーだろう。
先月末にもOD後に二度血液検査をしていたりで、
この夏はそのままの字の通り「出血大サービス」である。

卵巣腫瘍に良性と悪性があることくらいは知っていた。
でも医師はその後も淡々と私の身体の中で起こっているであろう状況を説明してくれていたが
ふと気付いたら、足がガクガクと振るえていた。
「もしかしたら無排卵かもしれない」とさらに言われ、言葉を失った。
別に妊娠を強く希望なんてしていないし、将来子供なんて欲しいと思えなかった。
そんな問題じゃなく、ほとんど自覚症状もなしに
知らない間に自分の身体の中で自分の予想以上に変化していることに恐怖を感じた。
しばらく頭がふわふわとして、医師の説明があまり頭に入って来なかった。


にほんブログ村 トラコミュ 卵巣嚢腫へ 卵巣嚢腫


とにかく基礎体温を測るように指導があった。
基礎体温表はもらったが、婦人体温計は薬局で買ってねと言われたので帰り道の薬局で購入した。
これで二相に分かれずに一相のグラフになった場合、無排卵だということがわかる。
そうでなければ良いなという思い。過剰に期待はせずに次の起床後から私の闘いは始まる。

腫瘍が良性であれ悪性であれ、これから婦人科の病にも気を遣わねばならない生活になる。
まず情報収集を可能な限りしておく。情報があるのとないのとでは大きく違うように思う。
それから一番重大なことは取り乱さずに落ち着いて生活すること一択だろう。
これからの時期、どこも病院は盆休み。こういった一番身近の自分の身体の変化については
そのまま双極性障害の病相が変化するリスクに繋がるような気がしてならない。
あまり気を張らずに、ゆったりとたまに笑いを含みながら生活することを心がけよう。


正直なところ、謎が多い精神疾患に加えてまた持病が増えたことに関してはだるい。
だがこれは自己管理能力が欠落している私の責任である。自分の撒いた種。
しかしどこまでが精神科領域でどこまでが婦人科系領域の症状なのか、見極めるのも難しいように感じる。
ここ最近食欲旺盛になり、下腹がぽっこり出てきたのも
双極性障害寄りの過食が根本なのか、腫瘍が肥大してきたことによる影響なのかも不明。
考えるだけで嫌になりそうな現実だけれども、とりあえず前を向いて歩く。
普通に過ごせる期間くらいは人らしくありたいからね。


にほんブログ村 トラコミュ 双極性障害(そううつ病)と闘おう。へ 双極性障害(そううつ病)と闘おう。
にほんブログ村 トラコミュ メンタルヘルスへ メンタルヘルス
にほんブログ村 トラコミュ メンタル病気と前向きに闘うへ メンタル病気と前向きに闘う

    にほんブログ村ランキング参加中です。
    1日1クリックで順位が上がります。お好きなものをワンクリックして頂けると中の人が飛び跳ねます。
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログへ
    いつもたくさんのご支援ありがとうございます!日々の更新の励みになっています。


    宜しければこちらも応援宜しくお願いします。

    Twitterやってます。フォローすると一早くブログの更新通知が届きます。


    コメント欄の設置はございません  ― 
  • permanent:link
  • edit
  • top↑
  • blogramで人気ブログを分析
  • ブログパーツ

Google AdSense
 

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

New Entry

NINJA AdMax
 


New Entry

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ランキング参加中


全ての記事を表示する


ブログ内記事検索

Category

※現在カテゴリ整理中です。

openclose



Blog Mura
Trackback Community

メンタルヘルスブログ コミュニティ
双極性障害(そううつ病)と闘おう。
気分障害
自律神経失調症・パニック障害・不安障害
心身症・ストレス性・神経性の病
眠れない夜の為に~不眠症とつきあう
睡眠薬・眠剤・睡眠導入剤
精神科の薬の離脱症状について
処方薬(メンタル系・・・依存症問題)
引きこもり気味(後ろ向きな人)
人付き合いに悩んでいる人
人間関係を良くする方法!
介護・社会福祉・社会保障・生活保護等
障害年金・障害者手帳など
精神福祉制度
福祉センター・社会復帰センター
健康や保険に関する情報提供ブログ
メンタル不調からの社会復帰


主婦ブログ コミュニティ
主婦の独り言
専業主婦の日記
ぐうたら主婦
ふたり暮らしのライフスタイル
主婦のストレス
子供なし主婦
セックスレスブルー 夫婦関係をみつめる
悩める夫婦生活
夫婦喧嘩
子供と離婚、不倫、別居、再婚の問題
引っ越しトラブル
近所付き合い


節約・生活・買い物ブログ コミュニティ
節約生活
頑張らない節約
食費削減レシピ
簡単・安価・美味レシピ
真面目なお金・節約・生活の知恵の話。
貯金、貯蓄、家計、お金に関すること
お金を貯める方法
断捨離でゆとり生活
生活に役立つ健康情報
100円ショップ
楽天マラソン買いまわりでポチ報告♪
楽天買いまわりのオススメはコレ♪

Archive

06  02  01  10  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

Sponsor PR

忍者AdMax


QLOOKアクセス解析