ページ内検索
Google AdSense


NINJA AdMax

111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

損をする自己犠牲の精神

ブログランキング・にほんブログ村へ

去年の暮れに旧友Tの結婚式二次会に参加した日のこと。
私の座席のちょうど目の前に、最後の実習グループで一緒だったクラスメイトがいました。
彼女は私が二次会に出席するとは知らなかったので、
私の顔を見た瞬間、「元気にしてましたか~!?」と大変驚いた様子に見えました。


「あのときは本当にありがとう。○○さんも大変だったのに皆の面倒を見てくれて…」


どことなく申し訳なさそうなこの言葉を聞いて彼女と同じ実習グループだったことを思い出したほど、
学生時代の記憶の多くを故意に消去していました。
そして彼女との再会を機に、学生時代の長い実習生活のことを思い出す機会が増えました。


自分の課題と実習記録をこなすことで精一杯なのに、他のクラスメイトの世話を焼くことが多かった私。
実習記録が書けなくなってパニックになり泣いているクラスメイトの姿を見ると放ってはおけず、
自分の実習記録を書く手を休め、一緒に文章を考えてあげていました。
コミュニケーション能力がない私が得意として人に自慢できる分野は記録物の書き方だけ。
2年生を丸々2回やっているだけあって実習記録の書き方のコツは他のクラスメイトよりも掴んでいる方でした。


クラス全員が一致団結しなければ卒業できない学校だということは1年生の頃から悟っていました。
一人の責任はクラス全員の責任。
「その責任と謝罪の意は与えた課題の量と質で応えろ」という精神の学校だったので、
何か問題が起こるたびに課題が増えていく生活でした。
そしてその責任の原因となってしまったクラスメイトの精神的ダメージは計り知れないものでした。

「ごめんね、ごめんね…」と謝るクラスメイトに「大丈夫だよ~!気にしないで」という励ましの声もありましたが、
裏では「もうちょっとちゃんとしてほしい」や「何であんなことしたの?」、「また課題が増えた…」などという声もあり、
クラスが分裂しそうなことは何度かありました。何と言うか…えげつないですよね。


実習期間中に登校できなくなり脱落していくクラスメイトを見ていると、明日は我が身だと思わざるを得ない劣悪な環境。
教員に対し、表には出せない恐怖心と敵対心を持っていた私は
自分がアカハラのターゲットに選ばれないよう自分のことだけに集中し、自分を守ろうとする心理が働く一方、
一人も脱落することなくクラス全員揃って卒業したいという思いの方が強かったように思います。

私と同じように留年の後に退学してしまった子に対してはよく面倒を見ていました。
病院の実習控え室は19時で閉鎖するのですが、ギリギリまで残って黙々と実習記録を書き進める。
その合間に実習記録の書き方をアドバイスしたり、病院内の売店で夕食を買って皆で食べたり、
今だから言えることですが学生らしい生活をしていたなと思います。当時はそんな悠長なことは思えませんでしたが。


他人の相談は率先して受けるくせに、自分の相談は誰にもできなかった。
クラスメイトの前で涙したこともなかったかな。教員と受け持ち患者さんが亡くなったベッドの前では泣いたことはありましたが。

学校を辞めたい。でも辞められない。その理由の大半は学費の問題。
自分が選んだ道なのだから最後までやり遂げるしかない。ここで辞めれば全てが無駄になる。
当然親にも相談できませんでした。


昔「学校辞めたいな…」と母の前でつぶやいたことがあったのですが、
「好きにして良いのよ。辞めたければ辞めれば良い」という母の言葉がプレッシャーになり、
それ以降は母の前で学校のことで相談することはやめようと決意していたので
私が受けてきたアカハラの実態も退学する直前まで伝えていませんでした。
学校を辞めたい気持ち、死にたい気持ちをどこにも吐き出せずに過ごした21歳。
今の生活よりも過酷だったかもしれません。

誰かを支えるばかりで自分のことは誰にも頼ることができず自分の足だけで立っていた。
良い友人に恵まれたと言いつつも、当時から何でも語り合える友人ではなかったのだろうな。
彼女たちの貴重な時間を無駄にしてはいけない、余計な心配はかけたくない。
意地なのか見栄なのか謙遜なのか、何だかよくわからない心境でした。


実習期間中の平均睡眠時間は3~4時間。
毎日のように睡眠不足で疲れ果てていたので帰りの電車の中で眠りこけてしまい、
回送列車になるまでグルグルと路線を回っていたこともあったっけ。
駅員さんに膝をポンポンされて飛び起きたことは今でも鮮明に記憶しています。それにしても何故肩じゃなかったのか。

化粧でも誤魔化しが効かないほど疲れが顔に出てしまった結果、私も実習停止命令を食らわされ自主退学。そして現在。
今でもクラスメイトたちのことは好きです。でも今の私なら違ったかもな。
仲間意識を排除し、脱落しそうなクラスメイトを見捨てていたかもしれない。
敵対心を抱いていた教員に対して積極的に媚売りしていたかもしれない。
資格のために、卒業のためだけに貪欲に生きていたかもしれない。


日本では自己犠牲の精神は崇拝される傾向がありますよね。
人のために尽くす、世の中のために貢献することこそ正義。自分のことだけを考える自己中心的な生き方は悪。
とは言え、自分がおざなりになる生き方は損だなと思います。


「あのときは本当にありがとう」


この言葉を聞けたことで私がやったことは間違いじゃなかった、
努力の結果ではなく努力の過程を認めてもらえた。そう思いました。
結果は残せなかったけれど、彼女たちの卒業までの道の架け橋となれたのならそれで良い。

こんなふうに思う時点で、漢方内科の先生が言うように私はまだ人生の主役にはなりきれていないんだろうなぁ。
「私の人生なんてどうにでもなれ」と思い始めたのは16歳の頃。
この話もそのうちできたら良いなと思っています。


にほんブログ村 トラコミュ 私の過去へ 私の過去


にほんブログ村 トラコミュ 双極性障害(そううつ病)と闘おう。へ 双極性障害(そううつ病)と闘おう。
にほんブログ村 トラコミュ メンタルヘルスへ メンタルヘルス
にほんブログ村 トラコミュ メンタル病気と前向きに闘うへ メンタル病気と前向きに闘う

    にほんブログ村ランキング参加中です。
    1日1クリックで順位が上がります。お好きなものをワンクリックして頂けると中の人が飛び跳ねます。
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログへ
    いつもたくさんのご支援ありがとうございます!日々の更新の励みになっています。


    宜しければこちらも応援宜しくお願いします。

    Twitterやってます。フォローすると一早くブログの更新通知が届きます。


    コメント欄の設置はございません  ― 
  • permanent:link
  • edit
  • top↑
  • blogramで人気ブログを分析
  • ブログパーツ

Google AdSense
 

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

New Entry

NINJA AdMax
 


New Entry

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ランキング参加中


全ての記事を表示する


ブログ内記事検索

Category

※現在カテゴリ整理中です。

openclose



Blog Mura
Trackback Community

メンタルヘルスブログ コミュニティ
双極性障害(そううつ病)と闘おう。
気分障害
自律神経失調症・パニック障害・不安障害
心身症・ストレス性・神経性の病
眠れない夜の為に~不眠症とつきあう
睡眠薬・眠剤・睡眠導入剤
精神科の薬の離脱症状について
処方薬(メンタル系・・・依存症問題)
引きこもり気味(後ろ向きな人)
人付き合いに悩んでいる人
人間関係を良くする方法!
介護・社会福祉・社会保障・生活保護等
障害年金・障害者手帳など
精神福祉制度
福祉センター・社会復帰センター
健康や保険に関する情報提供ブログ
メンタル不調からの社会復帰


主婦ブログ コミュニティ
主婦の独り言
専業主婦の日記
ぐうたら主婦
ふたり暮らしのライフスタイル
主婦のストレス
子供なし主婦
セックスレスブルー 夫婦関係をみつめる
悩める夫婦生活
夫婦喧嘩
子供と離婚、不倫、別居、再婚の問題
引っ越しトラブル
近所付き合い


節約・生活・買い物ブログ コミュニティ
節約生活
頑張らない節約
食費削減レシピ
簡単・安価・美味レシピ
真面目なお金・節約・生活の知恵の話。
貯金、貯蓄、家計、お金に関すること
お金を貯める方法
断捨離でゆとり生活
生活に役立つ健康情報
100円ショップ
楽天マラソン買いまわりでポチ報告♪
楽天買いまわりのオススメはコレ♪

Archive

06  02  01  10  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

Sponsor PR

忍者AdMax


QLOOKアクセス解析