ページ内検索
Google AdSense


NINJA AdMax

111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

できないことが増えていく療養生活の意義

ブログランキング・にほんブログ村へ

旦那さんの休日。
先週は半ば無理した形で一緒に出かけたけれど、昨日は一人で留守番していました。


「しんどいだろうから家で寝てな」


思いやりの言葉のように思える反面、邪魔者扱いされている部分もあるよなと思ったりもします。
出先で具合が悪くなり、予定が崩れれば旦那さんの足手まといになる。
旦那さんの貴重な休日を満喫できなくなるなら、迷惑がかからないように留守番しておいた方が良い。
置いてけぼりを食らわされた気持ちはないとは言えないけれど、今の時期はこれがお互いのためなのでしょう。


旦那さんが帰宅する前に「夕食はあるの?」と連絡があったので、
「家にあるもので適当に野菜炒めでも作るよ」と返答したのですが、夜から体調が急変。
午前中は割と動けるのに午後からピクリとも動けないパターンへと急に変わり、生活リズムの適応に困惑していた昨今。
出来立ての夕食ではなくなるけれど、早めに作っておけば良かったと後悔しました。

「やらなきゃやらなきゃ」と頭ではわかっていても身体が動かない。
焦れば焦るほど動悸がして身体が重くなるように感じるのは気のせいなのか。
やっと動けるようになったと思った頃は23時。
「夕食作れなくてごめん。何か食べた?遅くなったけど作ろうか?」と尋ねると「パンを食べたから大丈夫」とのこと。
あぁ、またこうなったよ。こうして罪が刻まれていく。

「やる」と言ったのにできなかったときのもどかしさ。
「やれ」と言われてできなかったときとはまた別の思いに駆られます。
どちらもベースにあるのは自責感なのだけれど、基本的に完璧主義思考なので前者のパターンの方が精神的に参ります。
自分ができるレベルまで下げて提案した野菜炒めも作れないのか。


病歴を重ねるたびに頭に浮かぶのは、
ストレス負荷となる仕事を辞めて療養生活を送るという選択を選んだことは正しかったのだろうか、ということ。
当時の私はブラック企業に身も心も捧げたような生活をしていたので
心身ともに限界を感じていたのは紛れもない事実ではあるけれど、
学生時代と同じように「もうちょっと辛抱していれば何かが違ったのかもしれない」と過去の自分に鞭を打つことは今でもあります。

仕事を辞めてすぐの頃、療養生活とはどのように過ごせば良いのかわからなくて主治医に質問したことがありました。
ぶっちゃけ今も療養生活の意義がわかっていません。布団の上に転がっておくことも療養生活のうちなのだろうか。


以前読んだことのある精神科医の水島広子先生が書いた
対人関係療法でなおす双極性障害」という著書にこんな一文があったことを思い出しました。


―今まで当然のものだと思っていた自由や可能性を持った健康な自分は「死んだ」と考える―


この著書の中で一番印象に残る一文です。つまり病前の自分は既に死んでいる。
できると思っていたことがいつの間にかできなくなるのはこの病気の特徴だということ。


最近の私を振り返ってみると、昨日の自分も死んだのかなと思うことがあります。
昨日までできていたことが急にできなくなる。
できることが少しずつ減っていくような感覚に囚われるのは、躁状態の自分が健康であると定義してしまっているからだろうな。

何度も「病前の私は疾うの昔に死んでしまい、何もかも思うようにできた躁状態の自分は異常だった」と言い聞かせても飲み込めない。
それを飲み込んでしまえば一生社会復帰できなくなってしまうのではないかという恐怖心が強いからだったりします。
頭ではわかっていても、できないことに直面するたびにジリジリと湧き上がるこの気持ち。


実は私、仕事を辞めて療養生活を挟めば病気が良くなると思ったことは一度もありません。
ここで足を止めてしまえば二度と社会へ戻れなくなってしまうという恐怖心が私の働く原動力になっていたからです。
裏を返せば「健康な自分を死なせたくない!」という気持ちなのでしょうね。既に健康な自分は死んでいるのに。
頭ではわかっているのに健康だった自分は死んだことを頑なに認めようとはしませんでした。

案の定、療養生活を送るようになってからズルズルと悪化の一途を辿っている。私の思った通りになってしまった。
今は快復の過程だと割り切ろうにも、できないことだらけの環境下で生きていると自分の選択を誤ったとしか思えません。
このままでは悪い流れに巻き込まれてしまいそうだ。


にほんブログ村 トラコミュ 闘病ブログへ 闘病ブログ

にほんブログ村 トラコミュ 療養貧乏暮らしへ 療養貧乏暮らし


毎日のように布団の上に転がりながら視界に入るものが薄暗くて無機質な天井ではなく、
晴天の青空に雲がゆらりと流れていく様子が映し出される天井なら気分も違ったのかな。
これもまた外に出られる力がないと得ることができないこと、ですね。


にほんブログ村 トラコミュ 双極性障害(そううつ病)と闘おう。へ 双極性障害(そううつ病)と闘おう。
にほんブログ村 トラコミュ メンタルヘルスへ メンタルヘルス
にほんブログ村 トラコミュ メンタル病気と前向きに闘うへ メンタル病気と前向きに闘う

    にほんブログ村ランキング参加中です。
    1日1クリックで順位が上がります。お好きなものをワンクリックして頂けると中の人が飛び跳ねます。
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログへ
    いつもたくさんのご支援ありがとうございます!日々の更新の励みになっています。


    宜しければこちらも応援宜しくお願いします。

    Twitterやってます。フォローすると一早くブログの更新通知が届きます。


    コメント欄の設置はございません  ― 
  • permanent:link
  • edit
  • top↑
  • blogramで人気ブログを分析
  • ブログパーツ

Google AdSense
 

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

New Entry

NINJA AdMax
 


New Entry

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ランキング参加中


全ての記事を表示する


ブログ内記事検索

Category

※現在カテゴリ整理中です。

openclose



Blog Mura
Trackback Community

メンタルヘルスブログ コミュニティ
双極性障害(そううつ病)と闘おう。
気分障害
自律神経失調症・パニック障害・不安障害
心身症・ストレス性・神経性の病
眠れない夜の為に~不眠症とつきあう
睡眠薬・眠剤・睡眠導入剤
精神科の薬の離脱症状について
処方薬(メンタル系・・・依存症問題)
引きこもり気味(後ろ向きな人)
人付き合いに悩んでいる人
人間関係を良くする方法!
介護・社会福祉・社会保障・生活保護等
障害年金・障害者手帳など
精神福祉制度
福祉センター・社会復帰センター
健康や保険に関する情報提供ブログ
メンタル不調からの社会復帰


主婦ブログ コミュニティ
主婦の独り言
専業主婦の日記
ぐうたら主婦
ふたり暮らしのライフスタイル
主婦のストレス
子供なし主婦
セックスレスブルー 夫婦関係をみつめる
悩める夫婦生活
夫婦喧嘩
子供と離婚、不倫、別居、再婚の問題
引っ越しトラブル
近所付き合い


節約・生活・買い物ブログ コミュニティ
節約生活
頑張らない節約
食費削減レシピ
簡単・安価・美味レシピ
真面目なお金・節約・生活の知恵の話。
貯金、貯蓄、家計、お金に関すること
お金を貯める方法
断捨離でゆとり生活
生活に役立つ健康情報
100円ショップ
楽天マラソン買いまわりでポチ報告♪
楽天買いまわりのオススメはコレ♪

Archive

06  02  01  10  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

Sponsor PR

忍者AdMax


QLOOKアクセス解析