ページ内検索
Google AdSense


NINJA AdMax

111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

ブラック底辺職で無銭飲食(所持金不足)事件が発生するとこうなるよ

ブログランキング・にほんブログ村へ

少しずつブラック企業で働いていた頃の話を書いてみようかなと思っています。
どこまで書けば良いのかわからず今まで封印していました。
もう辞めた人間だしバレても良いのだけれど、親会社がアレなので関係者に見られたことを思うとぶっちゃけ怖いです。


タイトルの通り、今回は無銭飲食(所持金不足)事件についての話です。
レジを扱う仕事なら無銭飲食とはならずとも万引き事件なら稀にある話かと思います。
ちなみに店の商品を盗む万引きに対して警察は即介入してくれました。
しかし、無銭飲食(所持金不足)事件に関しては案外そうではないのです。
客の支払いの意志があるか否かで随分対応が変わります。


無銭飲食とは所謂食い逃げなので料金を支払わないまま逃げること。これは支払いの意志がないと見なされます。
しかし客が退店するときに、財布を出して「お金が足りない!」とわかったときは非常に曖昧なんですよね。
最初から支払いの意志がなくても「財布にお金を入れ忘れた」と言われたら支払いの意志があると見なされる。
そしてこの時点では無銭飲食ではなく、厳密に言えば所持金不足事件になります。

手持ち金が足りないことを自己申告してくる客もいれば、従業員の目を盗んで逃げる客も当然いました。
完全なる無銭飲食は詐欺罪になるので警察に相談できるものの、
無銭飲食が発生してもこの店では被害届を提出することはほとんどありませんでした。理由は無駄な時間だから。
実際被害届を提出してもほとんどの場合は不足金を回収できません。
警察も少額の無銭飲食にはまともに取り合ってくれないと言うか。
なので客に逃げられると一生不足金を回収することはできず泣き寝入りなのです。


最初にも述べましたが、客に支払いの意志があると見なされたら警察は深く介入してきません。
「おたくの店長と話し合ってね」と丸く収められるだけで。
どういった場合に警察が介入してくるかと言うと、はなから支払いの意志がなかった場合はもちろんのこと、
不足金回収のための話し合いに応じないほど客が錯乱し、店内で大声を上げたり、店員や他の客、店の備品に手を出した場合。

そう言えば一例だけ「料金が支払えないので警察を呼んで下さい」と淡々とした態度で客から申し出があったことがあったなぁ。
大人しく警察官に連行されていきました。推測だけれど最初から支払いの意志はなかったのでしょうね。
よくニュースで取り上げられる無銭飲食事件は大体このパターンだと思います。
当たり前ですが、顔写真を撮って以後入店禁止措置になりましたよ。
余談ですが所持金不足で警察に通報したのに最終的に麻薬所持の現行犯で逮捕された客もいました。


所持金不足の場合、「財布を忘れただけで金を支払う意志がある。ATMには金がある」と主張する客も怪しいものです。
従業員の付き添いのもとコンビニATMまで行って残高を確認してもらっても「下ろせなかった」と言い訳をする。
この時点で客の言うことは全て嘘だと思って慎重に対応しないとしてやられます。
実際はATMで下ろせる残高がない時点で支払いの意志がないことと同等だと私は思うんだけどね。
「この店の中で財布(金)を盗られた!」と責任転嫁されることもありました。自分の財布くらい自己管理して下さい。


「家に帰れば金がある。だから家に帰らせてくれ」と強く主張する客も信用できないです。
大人しく「はいそうですか」と店から出してその後不足金を支払いにくる客がどれほど少ないか。
金にルーズな客こそ嘘つきばかり。
そのため後述する所定の手続きが終わるまで、所持金不足を起こした客は店の外へ出られなくなります。

これもどうかと思うけれど、そこまで客を拘束しないと自分がやった事の重大さがわからない馬鹿が多いのです。
サービスを利用しておきながら反省の色なく、中には逆ギレしたり平気な顔して不足金を踏み倒そうとする神経がわからない。
たかが数百円でも店にとっては貴重な売り上げ金。
「ちょっと足りない分は店で何とかしろ。サービスしろ」は通用しない。こんな人、かなり多いのですよ。


「これから仕事なんだよ!早く店から出してくれよ!」と逆ギレする客もいましたが、
後日ちゃんと支払いに来るとは限らないですしね。それを証明できるものがないですし。
大体これから仕事なのに財布なしでやっていけるの?昼食抜きで働くの?お茶も買えないよ?
そうやって安易な判断で店に出して不足金を回収できなかった例は数え切れません。

不足金を回収できなかったら(客を取り逃がしたら)、その場にいた我々非正規従業員の責任になるんですよ。
こっちの身にもなってくれよ全く。そしてキレる前に手続きを進めさせてくれ。


所持金不足や無銭飲食事件を起こす人間の9割は金にルーズな人間だと言えます。
残りの1割はついうっかりタイプ。
ついうっかりタイプの客は猛省してくれることが多く、
ATMに行けば不足金もすぐに回収できるので面倒だけれど特に何とも思いません。

金にルーズな客の半分は普段からクレジットカードに頼りっきりのタイプ、
残りの半分は金がなくても誰かが何とかしてくれるだろうと思っているタイプのどちらかです。
所持金不足や無銭飲食事件の頻度は1ヶ月に1~3例。運が悪いときで1週間に3例ありました。
そして同じ客が複数回所持金不足を起こすことが割と多いということから考えても
金にルーズな客は自分の行いを反省しないという共通点があるように思います。


特に夜勤で起こった無銭飲食や所持金不足事件の9割が回収困難のパターンで警察が介入してくる例が多かったです。
最も地雷客に当たる可能性が高い勤務時間帯が私がいた夜勤。
勤務歴が長くなると入店時の客の身なりや言動である程度予想できるようになるので、
他の従業員に「あの客が怪しいから逃げないようにマークして」と裏で指示することもありました。

で、ここで重要なのが客がどんな財布を使っているか。入店時に客の財布はしっかり目視して確認します。
ポケットに直接金を入れているのか、ビニール袋や茶封筒財布か、小銭入れか。この店にとって客の財布は重要参考物でした。
明らかに金がなさそうな客には上手いように言い訳して入店させないことも接客スキルの一つだったのです。


無銭飲食(所持金不足)が発生したとわかった時点でまず最初に従業員が行うこととして、
本人の同意のもと客の財布(手持ちの全財産)と身分証明証を預かります。
そして所定の用紙に氏名、住所、電話番号、年齢、勤め先などの個人情報を記載してもらい、身分証明証と偽りがないか確認します。
しかし身分証明書を持参していない客が多いのなんの。
さらに携帯電話がない、家族がいない、友人・知人がいない、住所がない(家がない)という人が多いのです。


そして代理人を立てる必要があります。
代理人とは、本人の支払い能力がないと判断されたときに代わりに不足金を支払ってもらう人のことです。
この処理に時間がかかるのです。何せ家族や知人がいない客の代理人を探すなんて無謀なことですからね。

家族・親族に連絡が取れるのなら一人の代理人、家族・親族に連絡が取れず友人・知人の場合は二人代理人が必要。
直接代理人に電話をして事の経緯を説明し、代理人になってもらうことの許可を得ます。
この処理が一番嫌でした。私が悪いことをしたわけじゃないのに代理人から怒られまくりましたよ。

実は先日記事にした立ちんぼの女性も二度所持金不足事件を起こしています。
その際に支払いの代理人になってほしい件について家族と電話をしたことがあるけれど全く話にならならなかった思い出が。
家族関係に問題があることも所持金不足や無銭飲食事件を起こす客の特徴だったかもしれません。


本人に支払い能力がなく、代理人に不足金を支払ってもらう場合として
振り込みのパターン(振り込み手数料は代理人負担)、店まで直接持ってきてもらうパターンの二通りありました。
身分証明証と照らし合わせて所定の用紙に記載した個人情報に嘘がないことがわかった場合に限り
「◯月×日の△時までに必ず不足金を支払います」という念書を書かせて本人に不足金を取りに帰らせる場合もありますが、
これで不足金を回収できる割合も100%じゃないんですよね。

念書を書かせるのも一種の心理的圧力でした。
「もし支払いに来なければこれを持って警察に被害届を提出するぞ」という遠回しな脅しです。
代理人と電話をする姿をわざと客に見せつけるのも、「お前のやったことは恥だ」と思い知らせるためでもあったように思います。

脅しも何もサービスを受けた対価を支払うことは人としての常識であり義務なのだけれど。
893経営の底辺職のやり方もどうかと思いますが、どちらの方が非道なのかは言うまでもないですよね。
文句があるならまず先に金を払え、と。
数百円、数千円の金も払えない人間がウダウダ抜かすなと心の中でキレながら日々仕事をしていました。


所持金不足や無線不足事件の処理に携わった従業員が回収の目処が立つところまで引き受けるのが基本。
勤務時間内に処理が終わらなければその後は無賃残業コース確定です。
一つの無銭飲食事件が一段落するまで3時間の無賃残業をしたこともありました。
ぐったりしながら家に帰って寝て、食事を摂ってまた出勤。他人の尻拭いばかりな何の面白みもない生活でした。


一番大変だったのはこの処理を行いながら通常業務をこなさなければならなかったこと。
ただでさえ人手不足、さらに人件費削減のためにギリギリまで従業員を減らしていたので大変という言葉では間に合わない。
入社したばかりの新人がいたらいたで指導どころではなくなります。
こういった客とのえげつないやり取りを見てドン引きし、辞めていく従業員は後を絶ちませんでした。

私が勤めていた夜勤の時間帯は基本的に正社員がいなかったのです。
そのため何か大きな問題が発生すれば本社に電話をし、そこの正社員に指示を仰ぐ形になります。
その場に正社員がいれば丸投げできるこういった問題は、
夜勤であり続ける以上、非正規従業員の私たちで全部片付ける必要がありました。


非正規従業員の中でもいくつかランクが存在し、私は店員代理候補として入社2ヶ月目からしごき上げられました。
入社2ヶ月でランクが上がるのは全国的に見て異例のことだったそう。
入社するほとんどの従業員は1~3ヶ月以内に辞める。
初出勤日の翌日には来なくなる(所謂バックレ)、そもそも初出勤日に来ないことなんて日常茶飯事。
よく持って半年、1年続けば大ベテラン。それだけ従業員の入れ替わりが激しく、長続きしないところでした。


まだ新人と呼んでもおかしくない頃から責任の重い仕事を任され、周りの過剰な期待がプレッシャーとなり押し潰されそうな日々。
先輩に泣かされ、後輩に泣かされ、客に泣かされ、何よりブラックすぎるこの会社の汚いやり方に泣きました。

努力は大筋認めてくれる会社ではあったけれど、
その労働力をいいように弄び、都合の良い社畜=奴隷として扱われていた感は否めない。
元来ワーカホリック脳の私自らがそれを望んでいたところは一部あるのだけれど。


やっていることは正社員並あるいはそれ以上大変だったと思います。
少なくともクレイジー主任より汗水を垂らしながら働いていた自信はあります。
基本9時間~12時間勤務。それプラス無賃残業。座って休憩を取る余裕がないほど忙しいときはザラでした。
当時服用していたエビリファイの副作用であるアカシジア(※1)でじっとしていられなかったことも相まって、
一時期は自分でも気持ち悪いと思うほど動き回っていました。
でも動き回ることで症状が抑えられるから動きが止められないのよな。

(※1)錐体外路症状の一つ。静座不能の症状のこと。
私の場合は身体の中に虫が這うかのように足がムズムズしてじっとしていられなくなることが多かったです。



そしてこんな事件が発生すれば休憩なんて取っている場合ではなくなる。
しかし、自分の休憩時間を犠牲にしてまで極力他の従業員には休憩を取ってもらうようにしました。
これに嫌気がさして辞められてさらに人手が足りなくなるのが何よりも困るから。
辞められた後の苦労のことを考えると、自分の休憩時間を潰す方がまだマシに思えたのです。


にほんブログ村 トラコミュ ブラック企業へ ブラック企業

にほんブログ村 トラコミュ 非正規労働者の雇用不安へ 非正規労働者の雇用不安

にほんブログ村 トラコミュ 私の過去へ 私の過去


せめて外出する前に財布が入っているかどうか、財布にいくら金が入っているのかくらいは一日一回は確認しましょう。
それと便利なクレジットカードばかりに頼っていると
この店のようにカード払い未対応の店で絶対に困るので財布には必ず現金は入れておいて下さい。
元底辺職からの切実なお願いでした。


にほんブログ村 トラコミュ 双極性障害(そううつ病)と闘おう。へ 双極性障害(そううつ病)と闘おう。
にほんブログ村 トラコミュ メンタルヘルスへ メンタルヘルス
にほんブログ村 トラコミュ メンタル病気と前向きに闘うへ メンタル病気と前向きに闘う

    にほんブログ村ランキング参加中です。
    1日1クリックで順位が上がります。お好きなものをワンクリックして頂けると中の人が飛び跳ねます。
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 主婦日記ブログへ
    いつもたくさんのご支援ありがとうございます!日々の更新の励みになっています。


    宜しければこちらも応援宜しくお願いします。

    Twitterやってます。フォローすると一早くブログの更新通知が届きます。


    コメント欄の設置はございません  ― 
  • permanent:link
  • edit
  • top↑
  • blogramで人気ブログを分析
  • ブログパーツ

Google AdSense
 

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top↑

New Entry

NINJA AdMax
 


New Entry

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村ランキング参加中


全ての記事を表示する


ブログ内記事検索

Category

※現在カテゴリ整理中です。

openclose



Blog Mura
Trackback Community

メンタルヘルスブログ コミュニティ
双極性障害(そううつ病)と闘おう。
気分障害
自律神経失調症・パニック障害・不安障害
心身症・ストレス性・神経性の病
眠れない夜の為に~不眠症とつきあう
睡眠薬・眠剤・睡眠導入剤
精神科の薬の離脱症状について
処方薬(メンタル系・・・依存症問題)
引きこもり気味(後ろ向きな人)
人付き合いに悩んでいる人
人間関係を良くする方法!
介護・社会福祉・社会保障・生活保護等
障害年金・障害者手帳など
精神福祉制度
福祉センター・社会復帰センター
健康や保険に関する情報提供ブログ
メンタル不調からの社会復帰


主婦ブログ コミュニティ
主婦の独り言
専業主婦の日記
ぐうたら主婦
ふたり暮らしのライフスタイル
主婦のストレス
子供なし主婦
セックスレスブルー 夫婦関係をみつめる
悩める夫婦生活
夫婦喧嘩
子供と離婚、不倫、別居、再婚の問題
引っ越しトラブル
近所付き合い


節約・生活・買い物ブログ コミュニティ
節約生活
頑張らない節約
食費削減レシピ
簡単・安価・美味レシピ
真面目なお金・節約・生活の知恵の話。
貯金、貯蓄、家計、お金に関すること
お金を貯める方法
断捨離でゆとり生活
生活に役立つ健康情報
100円ショップ
楽天マラソン買いまわりでポチ報告♪
楽天買いまわりのオススメはコレ♪

Archive

06  02  01  10  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07 

Sponsor PR

忍者AdMax


QLOOKアクセス解析